雑貨セレクト baby giraffe

音楽、ヨーロッパ映画、アート、カルチャー系の雑貨やインテリアセレクトブログ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





DEATH NOTE デスノート。

忙しい。
何かと、忙しい...。
ゆっくり、本だって映画だってDVDだって楽しみたいのに、眠るのはいつも2時頃。
毎日、寝不足、おかげで夏風邪。

そんな時は、”むずかしい本”は、だめ。
思考が麻痺して、眠ってしまうから。
でも、何か読みたい。

そんな脳の娯楽リクエストに答えてくれたのが
「Death note デスノート」

娯楽として、本当にちょうどいい。
漫画だし、アニメだし、ラクに楽しめる。

テレビでやっていたアニメを、後半に偶然観たのがきっかけ。
アニメは、おもしろかった。

特に、声がよかったな。
L 、月、二ア、リュークの声が、私にとってはイメージ通りだった。
中でもL の声は、抑えながらも優しさの感じとれる声が、心地よかった。

正直、映画の「デスノート」が公開の頃には興味なかったんだ。

ちょろっと予告編や動画サイトでビデオも観たけど、陳腐な日本映画だったから。

だから、テレビアニメを観た時、「デスノート」って面白いマンガだったんだと、
「デスノート」漫画を古本屋で買いあさった。

マンガのが断然おもしろい。そりゃ、やっぱ、オリジナルだしな。

名前を書くと死ぬノート、Death Note.

コレをつかって、世の中の犯罪者を消しまくって、
良い人間だけの社会を作ろうとする主人公、夜神 月。

この、幼稚な世間知らずな発想を、
悲しい事に、ちょっと頭がよかったもんだから、
それを押し進めていく、要は、おぼっちゃん。

まぁ、独裁者というのは、幼稚気質なのかもしれない。
デスノートの悲劇は、”彼が頭がよかった”という事なのだろう。

だいたい、自分の家族不幸にしといて、他人など幸せにできるはずないだろう。
何が理想の世界だ、最悪のボケ。

まぁ、月の家族、夜神家自体、どうかと思うけど。

総一郎、自分の子くらいマトモに育てろ、
って、私は思うんだけどね。

...とまぁ、こんな感じで、
掲載雑誌が「ジャンプ」、少年雑誌なので、
善とは?悪とは?正義とは?
という、主題がわかりやすく提示されているところも、面倒くさくない。

「デスノート13」(デスノートのガイドブック)で作者が語っていたが、「思想」とか「人間ドラマ」は深く描かないようにしたという。

だからこそ、この「デスノート」はおもしろかった。

そして、何よりこの漫画を魅力的にしているのが
”L”だろう。

夜神 月に対抗する、世界屈指の名探偵。

全世界の警察を意のままに動かせ、
どんな難事件も解決してきた謎の探偵”L”。


よく、デスノート関係のレビュー観てると
「ありえない」とか「現実的」じゃないなどの、つまんない感想を見掛けるが....

マンガにつまんない現実もとめて、どーすんだ?
現実じゃなくて、漫画なの。
だから、おもしろいんじゃん。

ちなみに、あくまで少年漫画なんだから、
多少の”少年向きさ”を責めるのは、酷だろう。

DEATH NOTE (7)DEATH NOTE (7)
大場 つぐみ 小畑 健

集英社 2005-07-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↑12巻中、個人的に好きな表紙の巻を貼っておく。

長くなるので、続きは下。
!ーーーーーーーつづきーーーーーーーー!


”L”
私も、こいつにハマった。

L 、殺人的甘党(どれ程脳ミソ使ってんだ?)
目の下の深いクマ(ロバートスミスっぽい?この比喩は微妙だな)。
ちょっと愛嬌のあるビジュアルで。
そして天才的頭脳。

そして、彼が魅力的なのは、読者にその人となりを想像させてくれるからだろう。
自分的にドマラチックに。
自分の”L象”を...。

この「デスノート」が人間ドラマな部分を極力排除しているため、
人物の過去などが多く語られていないところも、読者の想像力かき立て、
成功しているんだろう。

一見、人付き合いの良さそうな、器用な”月”(世渡り上手タイプ)と
対象的に、対人というコトには不器用で、人付き合いとは無縁な印象の”L”。

しかし時々、本当にちらりと見える、”L”の人間像が、快く響く。

おもしろい漫画は、絶対的に魅力的なキャラがいる。
デスノートでは、”L”なのだ。

L の死後、(死因は、”糖尿病”だろー......あくまで個人的心のつぶやき.......

2部の「メロ、ニア編」も、私はおもしろかったな。
(おもしろくないって人の方も割といるのが、以外.....)

ストーリーだけだと、2部の方がスリルあって、私は好きかな。

ニアもいいキャラだ。
とっても”やな感じ”で月を追い詰めていく様、
なんかスカッとした。

もっと、言ってやれニアー!なんて...
L を殺した月は、更に憎らしいヤツだったしね(笑)

ニアとメロの関係も、すごくおもしろかった。
単純な友情とかでくくられてなくって。

どっかで、お互いがお互いのフォロー入れてたり、
はたまた、ハラの探り合いしてたり、
嫌いでも、お互いがお互いを認めているところ、

ライバル、とかいうより、もっと
同じところで育った(孤児院という異質な所)、
”同じアナのムジナ”だからこその、逃れられない繋がりのような....

などなど、そんな感じを受けたんだ。


そして2部でも、やっぱり L 。
L 、死しても尚、月は L の呪縛から逃れられない。
それだけ、L は大きい。「デスノート」の根底には L がいる。

ちなみに、月が2代目”L”となるんだけど
(探偵”L”を、コイツが勝手に襲名したというような形)
だから必然的に「キラは”L”」という事になる。

単なる言葉の事なのだけど、「キラは”L”」
その辺の、なんていうか感覚的な遊び感が、私的におもしろかったなー。

L が死んで、そりゃもー悲しかったけど..........
話的には、仕方なかったのかもね。

世界が失ったものは、あまりに大きい。


そして、漫画を完読して、小説に。

「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」
探偵 L と、漫画でちらりと出てきたFBI捜査官の南空ナオミを主人公とした、
「デスノート事件」以前のLが解決した事件簿。

南空ナオミって、人気あるんデスね。
漫画では、ちょっとの登場だったけど。
きれーなお姉ちゃんキャラは、やはり強しなんだな。

語り手はメロ。
(”犬死のベストドレッサー”と称されてるとこが笑)
この小説でのメロが、私にはかっこよく思います。

この小説も、娯楽的におもしろかった。

引っかけられるところと、人間らしいところが。
小説家が書くと、こうなるんか....と思いながら読んだ。

そして、筋書き的にも、漫画の「デスノート」より
もうちょっと、大人な感じ。

"L" が、どういう存在だったのか、どんな地位だったのか、というコトが
あからさまじゃなく、読んでいて想像で感じられる。

まぁ、必要以上に L に対する賛辞的な書き方の文章が多すぎたのは、
ちょっと小うるさい気もしたのと、
事件解決後のエピソードが自分的に、うー.....ん....と思っちゃったけど。

まぁ、事件解決後のエピソードについては、勝手な自分の”L像”に合ってなかったというだけだ。

この小説で最も好きなのは、南空ナオミと L の重要な会話。

とっても、人間的に重要な会話で、L が言った一言。
この一言をきいた時の南空ナオミの気持ちにもなれた気がする。

そこを読んだだけで、あー.....よかった....と思った。
ますます L にハマった。

まぁ、それも自分の勝手な”L象”に、ぴったりの言葉だったから、
となるのだろうけど.....

4087804399DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件
西尾 維新 大場 つぐみ 小畑 健
集英社 2006-08-01

by G-Tools


もっと、探偵 L シリーズとして小説出ればいいのにな....


↓公式ガイドブックです。これには、L の本名が載ってます。

4088740955DEATH NOTE (13)
大場 つぐみ 小畑 健
集英社 2006-10-13

by G-Tools



最近追記:

「DEATH NOTE/Aアニメーション公式解析ガイド」
買っちゃいました....

これについての内容は、こっち↓
■Death note デスノート つづき。


DEATH NOTE/Aアニメーション公式解析ガイド (ジャンプコミックス)DEATH NOTE/Aアニメーション公式解析ガイド (ジャンプコミックス)
大場 つぐみ 小畑 健

by G-Tools



過去追記:
2007 年8月31日(金)に日テレで特番。

『DEATH NOTE』
金曜特別ロードショー
3時間スペシャル放送決定!

ディレクターズカット完全決着版
~リライト・幻視する神~
8月31日(金)よる8:03~10:54


ちなみに.....
死神を主題にした「デスノート」には”13”という数字がつきものですが、
(13巻という解説本も13日の金曜日に出た)
だから、特番も31日、13を反対にした数字"31"なのか?
しかも金曜日....狙ってる....?
というのは、考え過ぎ?




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://babygiraffe.blog67.fc2.com/tb.php/162-34d75ff9

 | HOME | 

Recent Entries

→ 全タイトルを表示はコチラ


Moleskine Volant Notebook Plain Green Xsmall
Moleskine
8883708636

Classic Red Notebook Ruled Large
Moleskine
8862930046
赤モレスキンの通常ノートブック
とうとう発売です!!
(ダイアリーじゃないんだよ)



Categories

Monthly

Recommendation Goods

KOOS コース
↓コレ、が一番早く情報が更新されて便利です。↓
■KOOSの商品、最新の在庫、入荷情報はこちら→


★ポイント10倍★送料無料★KOOS WILLOW/M/AW08 RABBIT

最近のお気に入りブーツ。
記事を見る→

ティップアラームクロックicon

プールっぽい。
(非常に勝手な個人的イメージ)
記事を見る→

サウンドスティックスII スピーカーシステムicon

音声入力をUSBからアナログに変更。
幅広く使えるように...!
記事を見る→


スタルク、やってくれる。
記事を見る→


キューブゴコロを刺激するモノ。
記事を見る→


ブラックもでた。風のように音楽。
記事を見る→


amadana 角いいのだ。
記事を見る→

スカイアンブレラ icon

まるでマグリットの絵に吸い込まれたみたい?
記事を見る→


こういうの、'マイツール'って言い方すんの。
記事を見る→

お薦め展覧会情報
「生誕100年記念 ダリ回顧展」

2006年9月23日(土)~2007年1月4日(木)
主催:フジテレビジョン、朝日新聞社
東京・上野の森美術館
ダリ回顧展オフィシャルサイト→
/// -->

Appendix

kirink

kirink

baby giraffeへようこそ。
読んでくれて
ありがとう。

FC2Ad

Recommendation

ヤマギワ オンラインストア


--アーティスト別雑貨セレクト--

Ranking

ブログランキング参加中。
アートや雑貨系ブログ見れます。

ranking

Recent Comments

Recent Trackbacks

Tool


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。